美容 睡眠 食事

体調管理をキッチリやらなければいくら高いコスメを使っても意味がない

この大寒波には参っている人も多いことでしょう。
降雪による事故、転倒もさることながら、インフルエンザが猛威を振るっていることが恐ろしいです。
誰もが極端な冷え込みにより、体調を崩しがちです。
体に気を付けていても気候変動がきつすぎれば太刀打ちできないのが人間というものです。
女性ならば誰しも美容に留意していますが、寒波に耐える、そして乗り切るにはやはり健康第一主義でなければならないと思います。

 

以前、家族の介護や入院生活などで生活習慣が乱れた時期がありました。
対人間でのストレスも半端ではなく、怒りや悲しみで眠れないことも多々ありました。
当然食欲も消失して、作る気力もなくなり、外食するだけの費用すらなく、買ってきたお惣菜を少量食べるか、ありあわせのお野菜だけの料理が増えていきました。
そういった生活が年単位で続くと、鏡を見るたびに物悲しくなっていきました。
そして写真も正直にありのままの姿を写し出すので、紙に焼かずデジカメの画面からそのまま消去してしまうことも度々でした。

 

慢性睡眠不足、ストレスによるスイーツ類のやけ食い、夜遅い食事、食後はすぐにダウンしてしまいそのままうたた寝、という悪循環でした。
血糖値まで高くなってきてしまい、これではいけない、と一念発起、生活習慣を改めるように心がけました。
夜はどうしても遅くなってしまいますが、たくさんは食べない、なるべく夕食後のデザートはやめる、毎食野菜を必ず一品加える、たんぱく質系のおかずも食べる、ウォーキングも欠かさない、など頑張りました。

 

そうすると、睡眠も以前より取れるようになってきましたし、胃腸も回復してきました。
お顔のやつれ感もなくなってきて、肌の状態も上向いてきました。
うつっぽい気持ちも以前はもっと強かったのですが、軽くなってきたように思えます。
髪も随分と細くなってしまいましたが、気分転換に育毛剤を用い、髪にも元気が出てきた感じがします。
美容も全ての基本は健康体から生まれます。
体に気を付けることがすなわち美容の基本なのだな、とつくづく省みる今日この頃です。